産み分けによる子供の性別(兄弟や姉妹)の組み合わせと性格

兄+弟

一般に、男同士の友人関係というのは女性ほど親和的ではありませんが、男同士のきょうだいというのも、どちらかといえ対立的になりやすいもの。

兄+弟は小さなころからライバル意識が強く、意外に分離的なのです。遊びも違うし趣味や行動も別々といった傾向が見られます。もちろん例外はありますが、一般的に「あいつはあいつ、おれはおれ」というのが男同士のきょうだい関係だといえるでしょう。

こうした男同士のきょうだいの場合、ライバル意識がプラスに働くと、それぞれの得意分野で力を発揮するなど、とてもよい結果を生みます。でも、周囲が2人の実力(体力や知力など)をシビアにくらべてしまうと、力のないほうがいじけてしまったり、相手に対してねたみや敵意などマイナス感情をいだくようになる危険も。

男きょうだいを育てるときには「どちらか一方に期待や愛情をかけすぎない(扱いに差をつけない)」ということに気を配ってほしいですね。

姉と妹の二人姉妹

女同士のきょうだいは、ほかの組み合わせにくらべて、いちばん調和的な関係といわれています。お互いに相手のことを「好き」「いっしょにいると楽しい」と感じるなど、感情的な結びつきが高いのも特徴です。

「仲がよくてつきあい度が高い」のが一般的な姉十妹の関係だといえるでしょう。

育てやすさの面ではいちばんの女同士のきょうだいにも、気をつけたいポイントはあります。もともと同性のきょうだいというのは、なにかにつけ比較されやすい運命にありますが、姉と妹の場合は美醜、つまり「かわいい」「かわいくない」など、非常にデリケートな部分でくらべられることが少なくありません。

また「やさしい」「女らしい」など女性的な面ばかりを評価するのも避けたいことです。気をつけましょう。

「姉妹とはいえ、一人一人個性があって当然」ということを親も子も理解して、それぞれのいい面を伸ばしていこうという姿勢をたいせつにしたいですね。

兄と妹の二人兄妹

女だけのきょうだいで育った人にとって、「お兄ちゃん」というのは一種のあこがれ。でも、兄+妹というのは遊び友だちも趣味も別、そしてライバルにもならないだけに、実はいちばん分離しやすい関係だといえます。

兄+妹の場合、年齢はもちろん、「男が上、女が下」という性の上下意識からいっても、圧倒的に兄が有利な立場。おまけに親をはじめ、周りも「跡取り」という感覚で長男ばかりを優遇してしまう傾向があるため、兄は無意識のうちにも「自分は上」「自分は男」という男性的な価値観を身につけやすいのです。

一方、妹は、どうしても期待は薄れ、兄の影になって無視されてしまいがち。お兄ちゃんはよくても、妹にはとても大きな不満が残る、これが兄十妹という組み合わせのいちばんのマイナス面だといえるでしょう。

では、この組み合わせのとき、親はそれぞれにどんな態度で接したらいいのでしょう。まず、兄に対しては「長男(跡取り)」という理由で優遇しすぎないようにすること。妹に対しては、妹の隠れた不満をじょうずに察知してあげることがたいせつ。そして兄と同じように目をかけ、チャンスを与え、評価してあげるように努めてほしいですね。

姉と弟の二人姉弟

弟を持った姉は、一番「お姉さん」的性格に育ちやすいといえます。母親のよきアシスタントとして頼りにされることの多いお姉ちゃんは、期待にこたえて弟の面倒をよく見てくれるもの。弟もそんなお姉ちゃんを慕って、甘えじょうずになる傾向が見られます。

女同士のきょうだい同様、姉+弟の組み合わせもまた親和的な関係といえますが、実はそれは姉の「がまん」の上に成り立っている場合も少なくないのです。たとえば、姉と弟がケンカをすれば親はついお姉ちゃんをしかってしまいがち。

また、姉意識の強いお姉ちゃんだと、みずから弟に勝ちを譲ってしまうということもあるでしょう。

ですから、家庭ではあんまり「姉だから」「女だから」ということを意識させないで育ててあげること。それがお姉ちゃんを伸び伸びさせるいちばんのポイントだといえるでしょう。

一方、姉を持った弟は、女性に対してやさしくなるし、人との間に親和的な関係を築けるようです。ただ、甘えじょうずが過ぎて依存心が強くなったり要領がよすぎたりすると、マイナス評価につながる心配も。「男だから」「小さいから」という理由で甘やかしすぎないように気をつけたいものです。

3人兄弟

きょうだい関係というのは一般に年齢が離れるほど調和的な関係になりますが、3人きょうだいの場合もこの傾向ははっきりと見られます。つまり、いちばん上の子といちばん下の子が仲よくなることが多いんですね。

3人きょうだいの場合は、上の子とも下の子とも年齢が近く、したがって緊張関係の高いまん中の子が必然的に孤立しやすい立場にあります。ですから親は、まん中の子どもの微妙な立場を理解して、できるだけまん中の子を引き立ててあげる気持ちを持っていてほしいと思います。

また、親との関係を見ても、長子である上の子はなにかと目をかけられ、期待もされる。

末っ子である下の子はいちばん小さいということで、かわいがってもらえる。その2人の問に位置するまん中の子はというと、ともすれば親にとって常に目立たない存在になってしまいがちなんですね。ですから、ときにはまん中の子と2人だけの時間を持つといったことで、日ごろの「目こぼし」の埋め合わせをすることも必要かと思います。

出生順や性別で区別することなく、それぞれの個性を認めてあげることと、平等に接すること。これがきょうだいを育てるときのたいせつなポイントです。