精子には23本の染色体があり、23番目は性染色体と呼ばれています。

女の子の遺伝子を持つのがX精子、男の子の遺伝子を持つのがY精子と呼ばれ、Y染色体を持つ精子を卵子に受精させれば男の子が生まれます。

ここでは、Y精子の持ついろいろな特性を利用して、Y精子が通りやすい環境を説明します。

Y精子の特徴を知っているだけでも男の子の産み分けをスムーズに行うことができます。

男の子を産み分けるために必要なY精子の特徴

1.アルカリ性に強い

女性の膣の中は、外部からの雑菌の侵入を防ぐため、常に酸性に保たれています。

しかし、さらにそこから奥に入り、子宮頸管に入ると、とたんにアルカリ性が強くなるのです。

ある実験によると、試しに膣と子宮頸管の分泌液を別々にとり出し、精液を毛細血管の入り口に注入して、顕微鏡をのぞいてみると以下の様なことがわかったようです。

  1. 膣からとった毛細血管のほう、つまり酸性の粘液の場合、X精子のほうが長い時間生き延びた。
  2. 子宮頸管からとった毛細血管のほう、つまりアルカリ性の粘液の場合、Y精子のほうが非常に活発になった。
  3. 膣の分泌液(酸性)に排卵直前の女性からとった子宮頸管の粘液(アルカリ性)を満たすとY精子の動きが活発になり、X精子よりも長く生き延びた。

このような実験から、結論としてはY精子は酸性に弱く、アルカリ性の液の中ではより活発に活動できることがわかったのです。

ですから、膣の中の酸性度を少しでも弱くすることができれば、より多くのY精子が生き残ることができ、子宮頸管にたどり着いた瞬間から、がぜんスピードを上げてX精子を圧倒するのです。

ですから、Y精子をより多く受精させるためにも、酸性度のいちばん低い排卵日をねらい、かつアルカリ性の分泌物をふやしてより動きやすくするために、女性はオーガズムを感じるとよいのです。

2.精子の数が多い

Y精子のもうひとつの特徴として、X精子に対して数が若干多いということがわかっています。

精子の最初の入り口である膣は、酸性の液で満たされています。

酸に弱いY精子は、ここでかなりの数が死滅してしまうため、数が多くなければ、圧倒的に女の子が多くなってしまうのです。つまり酸性液の中でX精子にくらべて強く動きを抑制されるY精子のほうの数を多くして、卵子と結合できるチャンスを等しくし、バランスをとっているのです。

個人差はありますが、人によっては約2倍も多いのではないかといわれています。実際の出産比率は女児100に対して男児105くらいと、男性のほうが若干多くなります。

3.精子の寿命が短い

Y精子はX精子にくらべて寿命が短く、酸に弱いなど、いろいろな弱点を持っています。しかしながらそれでも受精率が約半々というのは、Y精子は数が多いという利点のほかに、スピード、つまり運動能力が高いということもあげられます。

ですから、排卵日当日、条件の同じレースであればスピードのあるほう、つまり男児の生まれる確率は高いのですが、排卵日の2〜3日前にセックスをした場合、Y精子は待ちきれずに死滅してしまい、タフで生き残っているX精子が受精できるというわけです。

ですから、産み分けには排卵のタイミングが最も大切になってくるのです。

産み分けゼリーで成功確率が90%にアップ

男の子を産みたい場合には膣内をアルカリ性にして、女の子を産みたい場合には膣内を酸性にする必要があります。

そのためには女性がオルガスムスを感じたり男性が5日前から禁欲したりなど色々と面倒なことをしなければいけませんが、産み分けゼリーを使うことで半強制的に膣内をアルカリ性と酸性にすることができ、すんなりと産み分けを行うことができちゃいます!