産み分けゼリーの利用で産み分けの確率が90%になる

これまで産み分け法と言えば、科学的な根拠の乏しい占いや陰陽道に頼ったものがほとんどでした。

しかし、近年では産み分けを実践する産科も増え、100%の確率には及ばないものの科学的根拠に基づいた安全な産み分け法が確立されつつあります。

既に欧米では100%に近い産み分けが可能となり、パートナーの同意の上、実践されています。

産み分けゼリーを使った産み分け法

日本で最も実績のある男女産み分けに使われる潤滑ゼリー、ハローベビー潤滑ゼリーやグリーンゼリーも性交前にpH(ペーハー)を調節した潤滑ゼリーです。

女の子が欲しいカップルは膣内を酸性にして性交をする女の子用の潤滑ゼリー

[cc id=1333]

男の子が欲しいカップルは膣内をアルカリ性して性交をする男の子用の潤滑ゼリー

を使用します。
[cc id=1332]

どちらの潤滑ゼリーも適度に膣内の分泌液のpH(ペーハー)をコントロールする、食べても害がない程の安全な潤滑ゼリーで、産まれてくる子供にも影響がありません。

産み分けゼリー比較

商品名ベイビーサポートハローベビーグリーンゼリー
ピンクゼリー
製造国日本日本中国
値段1箱 13,800円
3箱 28,980円
1箱 12,800円
3箱 32,640円
10,000円+5,000円(会員登録費)
※購入には会員登録が必要
内容量4.5ml×7本1.6ml×7本3~4ml×5回
衛生度使い切り衛生パック使い切り衛生パック洗浄再利用式
内容成分サイトにて公開サイトにて公開非公開
安全性検査×

上記は現在国内で購入できる産み分けゼリーです。
個人的には衛生面に問題があるピンクゼリー/グリーンゼリーはおすすめできません。
ベイビーサポートとハローベビーは横同列で同評価ですが、安全性を考慮すると箱から容器など全て日本製造のベイビーサポートの方がおすすめだと思います。

pH(ペーハー)とは?

昔、理科の実験でもしましたよね、pH(ペーハー)は酸性かアルカリ性かを計る数値です。
女性の膣内は排卵日以外は、雑菌に負けないように弱酸性に保たれています。
弱酸性と言えば「お酢」です。
酢酸と言われるように弱酸性であり、通常膣内はお酢のような成分で満たされています。

しかし、排卵日に限っては、膣内はアルカリ性になるのです

ここまでは理解できましたか? 次は、精子の話です。

産み分けに知っておきたい「精子」のこと

精子は既に性別があり、Y精子(男の子)とX精子(女の子)がいます。このY精子とX精子にはそれぞれ違った性質があります。

Y精子

アルカリ性の海では元気に泳ぐことが出来ますが、酸性の海ではすぐに死んでしまいます。

X精子

酸性の海では元気に泳ぐことが出来ますが、アルカリ性の海ではすぐに死んでしまいます。

おさらいすると、

  • 膣内は普段は弱酸性で排卵日だけアルカリ性になる。
  • 男の子の精子はアルカリ性に強く、酸性に弱い
  • その反対で女の子の精子は酸性に強くアルカリ性に弱い

この原理を利用して現代の産み分けは高確率で行われています。

妊娠するには排卵日周辺にセックスをする必要があります。

排卵日の膣内はアルカリ性なのに、意図的に弱酸性に保つことで膣内に放出された精子のうち男の子は死んでしまい、女の子だけが卵子にたどり着きます。
その結果、女の子が生まれやすくなります。

その逆で、排卵日周辺からアルカリ性を保つことで、膣内に放出された精子のうち女の子は死んでしまい、男の子だけが卵子にたどり着きます。
結果、男の子が生まれやすくなります。

もう少し複雑な原理もあるのですが、産み分けに必要な知識はこれだけでOK

  1. 男の子が欲しければ、膣内をアルカリ性
  2. 女の子が欲しければ膣内を酸性

どうやって膣内のpH(ペーハー)をコントロールするかというと、セックスをするまえに膣内に挿入する安全な潤滑ゼリーを使います。

弱酸性といえば、「お酢」アルカリ性と言えば「重曹」

こんなものを膣内に入れるわけにはいけないので、ハローベビーゼリーで膣内のpH(ペーハー)をコントロールしましょう。

[cc id=1337]