ハローベビーガールの成功率と口コミ

男女を産み分けるには、女性の膣の中の酸性度がX精子、Y精子のどちらを受け入れやすくなっているかによって決まります。

この環境づくりは「より正確な排卵日を調べる色々な方法」や「基礎体温の測り方」でも書いてあるように、排卵日近くの粘液の分泌ぐあいやセックスのときの粘液の分泌ぐあい、基礎体温によって決められてきました。

ところが、それを人為的にコントロールするために開発されたのが産み分けゼリーハローベビーガールです。

これは日本で開発されたもので、安全性には問題のない成分で構成されています。

ハローベビーガールの成分

成分名称配合目的と特徴
精製水
ポリアクリル酸Na水分吸収力が高く保湿を目的として配合
水溶性コラーゲン保湿力が高く水に溶けやすい成分
アロエベラ液汁液状の成分で皮膚組織のコンディショニングを整える
クエン酸ph値の調整を行う
リン酸保湿とph調整のために配合
EDTA-2Na膣内を清潔に保つよう働きかけます
安息香酸Na膣内を清潔に保つよう働きかけます

ハローベビーガールを使った場合の成功率

産み分け方法にもよりますが、産み分けの成功率は男の子で約81%、女の子で約80%と言われていますが、ハローベビーガールを使用した場合は、産み分けの確率は10%上がると思われます。

これは女の子を産む因子を持つ精子が膣の中でより有利に動けるように、膣内を酸性にするためのゼリーです。

とある実験では、たとえば排卵日当日、子宮頸管から出るアルカリ性の粘液がいちばん強い時期に産み分けゼリーを膣内に注入し、5分後に少しかき回して出をはかったところ酸性を示したという結果も出ています。

ですから極端なことをいえば、妊娠可能期間の中であれば、特にいつ、と決めることなく自由にセックスができるということです。

実際イギリスでは性交日を特に限定せずに、産み分けゼリーでphを調節するやり方も少なくありません。

しかし、日本ではより慎重に排卵日2日くらい前で、おりものが少しふえてきたなというくらいのときに産み分けゼリーを使って性交の指導をしています。

女の子を希望する場合は、ハローベビーガールを欠かさないことが、妊娠確率を高めることになります。

[cc id=865 title=”ハローベビーガール規取扱店はこちら”]