ハローベビーボーイの成功率と口コミ

もしあなたが男の子を

望む場合には、Y精子を元気にするために、できるだけ女性器内をアルカリ性にすることが大切である、ということは男の子の産み分け方法で説明した通りです。

アルカリ性を保つ効果をさらに上げるには、女の子の生み分けの場合と同じくハローベビーボーイを使います。
ハローベビーボーイなどの産み分けゼリーを使った場合の産み分けの確率は通常より10%程あがるといわれており、男の子の産み分けの確率が81%であることからゼリーを使用すれば91%まであがることになります。

なお、使い方や保存方法、注意点などについてもハローベビーガールと変わりません。

  • 頚管粘液が多く分泌されることで膿内がアルカリ性に傾く排卵日にセックスをする
  • 女性に快感を味わわせ、オーガズムに達することで、頚管粘液の分泌をアップさせる
  • ハローベビーボーイを使い、膣内をアルカリ性に保つようにする

男の子を望む場合は、この三つを実践することで、成功にさらに一歩近づくことができるでしょう。

ハローベビーボーイの使い方

ハローベビーボーイは、常温では半分溶けた状態となっていますが、冬の間は固まっているため、溶かして使います。やや熱めの湯(約列℃)をコップに注ぎ、容器ごとひたしておくと、3〜4分ほどで柔らかくなります。熱を加えても品質が変化することはありません。

  1. ふたを開け、注射器の先端を差し入れて3〜5mを吸い上げます。女性が容器を持ち、男性が注射器で吸い上げるようにするとうまくいきます。
  2. 女性は腰の下に枕を入れ、ゼリーが外に出ないように腰の位置を高くしておきます。
  3. ゼリーが人肌くらいの温度であることを確認し、注射器をそのまま女性の膿の奥深くに静かに注入します。そのあとは両脚をしっかりと閉じ5分間。そのあとセックスをはじめます。人によっては外にこぼれることがありますが、少量であれば問題ないでしょう。

なお産み分けゼリーの残りは、うまく妊娠できなかったときに再度使えますので、保存しておいてください。直射日光の当たらない涼しい場所であれば、常温で大丈夫です。また注射器も、洗って乾かしておけば、再び使用できます。
[cc id=834]