産み分けゼリーを使って男の子と女の子の産み分け確率をあげる

男女を産み分けるには、女性の膣の中の酸性度がX、Y精子のどちらを受け入れやすくなっているかによって決まります。

この環境づくりは排卵日近くの粘液の分泌ぐあいやセックスのときの粘液の分泌ぐあいによって決められてきました。ところが、それを人為的にコントロールするために開発されたのが産み分けゼリーです。

産み分けゼリーは、男の子を望む場合に使われるゼリーと、女の子を望む場合のゼリーの2種類があります。

これは元々イギリスで開発されたもので、安全性には問題のない成分で構成されていますが、近年では日本製の産み分けゼリーもあり多くの産み分けに成功された方がこの日本のゼリーを使っているようです。